【初心者向け解説】テンションについての基礎知識

テンションについて
高橋 和明
かずあき先生
独立10年目のフリーランスのプロベーシスト。
専門学校卒業後、楽器店の講師経験を経て独立。
現在はジャズプレイヤー、作曲家、講師として活動。
オンラインコミュニティ「Minerva」を運営中。
ウマ娘ちゃん箱推し。

テンションについて

テンションとは

メジャースケールの音を1音飛ばしで重ねます

「ダイアトニックコードについて」の記事で

「スケールの音を1音飛ばしで重ねると、コード(和音)が完成するよ!」

というお話をさせていただきました。

このお話には続きがありまして――

ゆい
ゆい

え、まじですか。

テンションの領域

四和音の上に、さらにスケールの音を1音飛ばしで追加していくことができます。

このようにコードトーン(四和音)の上に追加される音が、テンションの基本概念になります。

テンションの度数の仕組み

ひとつ飛ばしで重ねていくと、15thの音で1st(Root)の音に戻ります。
なので、テンションとして重ねられるのは9th, 11th, 13thまでの音になります。

かずあき先生
かずあき先生

こちらが1度, 3度, 5度, 7度を重ねたC△7のサウンドです。

そして、こちらがC△7の上に9度のテンションを重ねたC△7(9)の響きになります。

ゆい
ゆい

おぉ、ちょっとオトナ感。

コードトーンのうえにテンションを重ねることで、よく言えばお上品・悪く言えばふわふわと濁ったサウンドになります!

かずあき先生
かずあき先生

テンション = ダイアトニックの次の音のトライアド

テンション=全音上のトライアド

コードトーンの上に乗るテンションは、

ダイアトニックコードの次の音トライアド

になります。

これは実用的な考え方ではないので「知ってるとたまに助かる豆知識」のひとつとして紹介します。
あくまで参考までに。

メジャーダイアトニックコード(ディグリー)

ダイアトニックコードの知識はありとあらゆる場面で役に立ちます!

かずあき先生
かずあき先生

7thはテンションノート?コードトーン?

fly me to the moon 冒頭8小節コード進行

「コードトーンの上に重ねるのがテンション」というルールに従うなら、トライアド(三和音)視点で考えると7thはテンションノートという扱いになります。

理論書によっては
「7th, 9th, 11th, 13thの4種類がテンションだよ!」
と説明されているものもあります。

これはプレイヤーの「四和音(セブンスコード / テトラッド)」の使用頻度による解釈の違いです。

三和音をメインに扱っている人から見れば、7thコードは異端のテンションコード。
一方で四和音を日常的に扱っている人から見れば、7thはごくごく当たり前なコードトーンのひとつになります。

BASS NOTEでは
・四和音までがコードトーン
・9th, 11th, 13thがテンショ

と定義しています!

かずあき先生
かずあき先生

スケール = コードトーン+テンション

スケール=コードトーン+テンション

テンションの勉強のついでに、あわせて頭の片隅に覚えておいていただきたいのが

スケール = コードトーン+テンション

という計算式です。

鍵盤で見るテンションとスケール

例えば、こちらのCメジャースケール。

これはC△7のコードトーンに9th, 11th, 13thのテンションを加えてあげることで完成するスケールです。

かずあき先生

Cメジャースケールは、C△7から派生したスケールであると言えます!

コードドーン+テンションで完成するスケールの例

ドリアンスケールのコードトーン+テンション

「m7」コードのコードトーンに、9th, 11th, 13thを足すとドリアンスケールという配列が完成します。

リディアンスケールのコードトーン+テンション

こちらのリディアンスケールなら「△7」コードのコードトーンに9th, #11th, 13thを足すと完成します。

ほかにも

  • フリジアンスケール
    m7のコードトーン + ♭9th, 11th, ♭13th
  • ミクソリディアンスケール
    7のコードトーン + 9th, 11th, 13th
  • ロクリアンスケール
    m7(♭5)のコードトーン + ♭9th, 11th, ♭13th

などなど、コードトーン+テンションの式でスケールを覚えてあげると、スケールを象徴する美味しい音を上手に使えるようになるので便利です!

丸暗記よりも理論的に覚えたほうが忘れにくいのでオススメです!

かずあき先生
かずあき先生

  • URLをコピーしました!
目次