【ベーシスト向け】スケールとは?【音階】

スケールとは

高橋 和明
かずあき先生
独立10年目のフリーランスのプロベーシスト。
専門学校卒業後、楽器店の講師経験を経て独立。
現在はジャズプレイヤー、作曲家、講師として活動。
オンラインコミュニティ「Minerva」を運営中。
ウマ娘ちゃん箱推し。

スケールとは

スケール(scale)とは、一言で分かりやすく言うなら「決められたルールに沿って配列された音の並びのこと」を指します。

例えば、一番有名なのはメジャースケール
通称ドレミファソラシド。

メジャースケールのインターバル(鍵盤)

「音を全全全全全という距離感での7音並べてね」というルールのもと配列された音階を『メジャースケール』と呼びます。

指板一列で見るメジャースケール

指板で見ると、
・フレットが隣っている部分が半音
・フレットがひとつ飛ばしの部分が全音
の距離になります。

とっても大切な知識なので、覚えておきましょう!

かずあき先生
かずあき先生

鍵盤で見るDメジャースケール

まったく同じルールのまま、スタートの音を変えてみました。

レ(D)から始まるメジャースケールなので、こちらは「Dメジャースケール」というスケールになります。

スケールの名前について

指板一列で見るマイナースケール

例えば、スケールを構成するルールが『”全全“という順番で並べなさい』というものになるとマイナースケールという名前になります。

あくまで説明の例として出しているだけなので、今はこの配列のルールは覚えなくていいです!

かずあき先生
かずあき先生
指板で見るミクソリディアンスケール

他にも全全全全ミクソリディアンスケールという名称になったりします。

ゆい
ゆい

始まる音と配列のルールによってスケールの名前が変わるんですね。

そのとおりです!
“始まる音の名前”+”音の配列のルール名”=スケール名
という法則を覚えておきましょう!

かずあき先生
かずあき先生

 

スケールを構成する音数について

ここまで紹介したスケールは、すべて7音で構成されています。

CDEFGABの7音ですね!

かずあき先生
かずあき先生

ですが。
「スケールは必ずしも7音構成とは限らない!」ということはしっかり覚えておきましょう!

指板一列で見る5音構成のスケール

ペンタトニックスケールなどで有名な5音構成のスケールがあったり。

指板一列で見る8音構成のスケール

コンビネーション・オブ・ディミニッシュスケール(ハーフホールトーンスケール)は全部で8音で構成されていたり。

「音楽は例外だらけ」ということは常に頭に入れておきましょう!

かずあき先生
かずあき先生

  • URLをコピーしました!
目次