ベーシストのためのドミナントモーション徹底解説

ドミナントモーションについて
高橋 和明
かずあき先生
独立10年目のフリーランスのプロベーシスト。
専門学校卒業後、楽器店の講師経験を経て独立。
現在はジャズプレイヤー、作曲家、講師として活動。
オンラインコミュニティ「Minerva」を運営中。
ウマ娘ちゃん箱推し。

ドミナントモーションとは

ゆい
ゆい

ドミナントモーションってなんですか?

という質問に対して、僕は必ずこう答えます。

お辞儀

「お辞儀のアレです。」

かずあき先生
かずあき先生

子供の頃、ピアノの音にあわせてお辞儀をした経験があると思います。
あのコード進行こそが、もっとも身近なドミナントモーションです。

「ドミナト・レゾリューション」や「トライトーン・レゾリューション」という名称で解説されることもあります。

目次

ドミナントモーションの発動条件について

お辞儀のコード進行
お辞儀のコード進行

ドミナントモーション(Dominant Motion)とは、ある条件が重なったコード進行のことを指します。

「ドミナント・モーションしている」という使い方をする”動詞”の言葉になります。

かずあき先生
かずあき先生

条件① 7thコードが出てくる

7thコードが出てくる

発動条件その① 7thコードが登場する。

ドミナントモーションのトリガーは必ずセブンスコードになります。
m7コードでも△7コードでもなく、7thコードです。

今回のお辞儀のコード進行のなかでは、G7がドミナントモーションの鍵になります!

かずあき先生
かずあき先生

条件② 次のコードが4度上(=5度下)の音である

4度上にドミナントモーション

発動条件その② 次のコードが4度上(= 5度下)に進行している。

お辞儀のコード進行ではGから見た4度上の音がCにあたるので、条件を満たしています。
つまり、このコード進行は「ドミナントモーションしている」ということになります。

ドミナントモーションの着地先はメジャー系でもマイナー系でも構いません。
どちらの場合もドミナントモーションの扱いになります。

数えてみるとよく分かるのですが、
4度上のコード = 5度下のコードであるという知識も
頭の片隅に入れておきましょう!

AB
23

DEF
432

詳しくは「度数の数え方について」の記事で解説しています!

かずあき先生
かずあき先生

ドミナントモーションの特性について

ドミナントからトニックは超安定した響き

ドミナント7thコードには「強烈にトニックに向かいたい」という性質があります。
トニックには「不安定な音を受け入れたい」という特性があります。

ドミナントモーションは、コードが持っている機能を100%満たしてあげる理想のコード進行なのです。

誰がどう聞いても大円満な響き。
これがドミナントモーションの美味しさの理由です。

7thコードには、最強の不協和音「トライトーン」が含まれているので、「安定したトニックの響きに着地して落ち着きたい」という強い性質があります!

詳しくは「トライトーンについて」の記事で解説しています!

かずあき先生
かずあき先生

ベースの指板で分かるドミナントモーション

ゆい
ゆい

「4度上(5度下)」なんて言われても分からないです!

そんな方のための、超お手軽な判別方法をご紹介します!

現在の小節(7thコード)

現在の音(7thコードのRoot)から見て――、

指板で見るドミナントモーション

隣の高音弦の同フレットにあるのが4度上の音。
そして、そのオクターブ下にあるのが5度下の音になります。

7thのコードから上記のフレットに解決する進行が「ドミナントモーションしている進行」になります。

Autumn Leavesのドミナントモーション

ジャズの演奏では、常にドミナントモーションしている部分を意識しながらのプレイが重要になります。

「いかに素早くドミナントモーションしている部分を見つけることができるか」がジャズの習得過程では大切なポイントになってきます!

かずあき先生
かずあき先生

コード進行の分析を重ねていくと、反射的にドミナントモーションしている部分が分かるようになってきます。
たくさん練習して必ず身につけましょう!

II-V-Iについて

II-V-Iについて

「II-V-Iについて」の記事も合わせてチェック!

かずあき先生
かずあき先生
  • URLをコピーしました!
目次