【初心者向け】コードを見ながらベースを演奏してみよう!【ルート弾き編】

コードを見ながら演奏しよう ルート弾き編
高橋 和明
かずあき先生
独立11年目のフリーランスのプロベーシスト。
専門学校卒業後、楽器店の講師経験を経て独立。
現在はジャズプレイヤー、作曲家、講師として活動。
プロの質問し放題のBASS NOTEオンラインコミュニティ「Minerva」を運営中。
ウマ娘ちゃん箱推し。

コードを見ながらベースを弾く方法

1.音名をアルファベットで覚えよう

ドレミをCDEで覚えよう

まずは音名をアルファベットで覚えるところから始めましょう。

音楽の世界では「ドレミ」よりも「CDE」で考えるのが基本です!

「ドレミをアルファベットで覚えよう」の記事で詳しく解説しています!

かずあき先生
かずあき先生

指板上の音名と位置を覚えよう

指板上の音名と位置を覚えよう

音名をアルファベットで理解できるようになったら、今度は指板上の音の位置を覚えましょう!

低音弦の音名の位置を覚えよう

BASS NOTEでは「まずは低音弦を7フレットまで覚える」という方法をオススメしています!

かずあき先生
かずあき先生
目次

コードを見ながらベースを演奏してみよう

Make debut!の歌詞とコード
  1. 音名をアルファベットで理解する
  2. 指板上の音の配置を覚える

以上ふたつのステップを突破したら、あとは実践あるのみです!

コード進行掲載サイト「U-FRET」さんなどで、自分の好きな楽曲を探してコードを追いかけてみましょう!

全音符を鳴らすだけでも良し!
8分音符で刻んでみるも良し!

かずあき先生
かずあき先生

小文字や数字の付いたコードについて


Dm G7 CM7

コード譜を見ていると、こんな表記のコードが現れることがあります。

ゆい
ゆい

mとかMとか7とかsus4とかadd9とか……

まずは大文字だけ読もう

そんなときは、最初の大文字のアルファベットだけを読むようにしましょう!


この大文字を「ルート(主音・根音)と呼び、ベースが担当するべきコードの基準音を示しています。

慣れないうちは難しいことは無視です!
まずは大文字の部分だけを見て、指板上から音を探せるようになりましょう!

ルートを演奏できるようになるのは、ベーシストにとって最も大切な技術のひとつです!

かずあき先生
かずあき先生

オススメの練習曲

紅蓮華 – LiSA

紅蓮華の歌詞とコード

練習楽曲としてオススメなのは、LiSAさんの「紅蓮華」です。
使用されているコードがベースの3弦だけで弾けてしまいます!

紅蓮華で使うポジション

覚えやすいCDEで構成されているのもオススメポイントです!

かずあき先生
かずあき先生

The Beginning – ONE OK ROCK

The Beginningの歌詞とコード

紅蓮華と合わせてオススメしたいのが、ONE OK ROCKさんの「The Beginning」です。

The Beginningで使うポジション

紅蓮華で使わなかった、4弦のFGAを中心に構成されています。

この2曲をコードを見ながら演奏できれば、音の配置を覚えるセクションは完璧です!

かずあき先生
かずあき先生
  • URLをコピーしました!
目次